東京のエステ・マッサージ・美容室・スパ・ネイル・まつげサロン情報

サロン検索:

  1. レッツビューティ
  1. リンパマッサージ
  2. 【エステ講師が教える】ほうれい線を作らないようにするマッサージ

【エステ講師が教える】ほうれい線を作らないようにするマッサージ

口の周りにできる「ほうれい線」......。年齢よりも老けて見られてしまうし、...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

口の周りにできる「ほうれい線」......。年齢よりも老けて見られてしまうし、ちょっと印象が悪いですよね。

ほうれい線を解消するエクササイズはは色々なものがありますが、今回は皮膚の下にある筋肉の構造を理解して、ほうれい線を撃退するマッサージをやってみましょう。



ほうれい線を作らないようにするマッサージ

両手の人差し指を頬骨に平行に置き、それぞれ離すように上下に滑らせます。皮膚の下の筋肉を伸ばすつもりで。皮膚を強く引っ張ったり、こすりすぎたりしないようにしてください。片方、数回ずつ行います。

小鼻の横から頬骨の上下あたりを、左右2~3本の指(人差し指、中指、薬指)で軽く押しながら小さく回してください。筋肉がゆるむと同時に血行やリンパの流れも良くなり、むくみがとれて引き締まった顔にもなれます!

また、温かい物を(蒸しタオル、保温剤、暖かい手など)当ててゆっくり温めてるのもいいでしょう。かなりのリラクゼーション効果もあります。



ほうれい線を作ってしまう筋肉がある

実はほうれい線をつくってしまう筋肉があるんです。それが常に使われて縮こまった状態になっていると、当然ほうれい線は消えません。

その筋肉は上唇挙筋(じょうしんきょきん)といいます。今回冒頭で紹介したマッサージは全て上唇挙筋をゆるめるものです。

上唇あたりの皮膚を引き上げる筋肉です。引き上げるリフト筋だから一見よさそうですが、リフト筋なら絶対よいわけでもありません。



上唇挙筋(じょうしんきょきん)が収縮するとこんな顔に......

この筋肉が収縮すると、こんな顔になってしまいます。小鼻の横を持ち上げ、上唇をめくりあげ、ほうれい線を深く表します。いやー我ながらイヤな顔ですね(^^;)

無意識にいつもこんな顔をしているとこの筋肉が強くなり、こんな顔が基本になってしまいます。

この筋肉が収縮していない状態が、こちらの画像です。ほうれい線は消えていますね。つまりこの上唇挙筋をゆるめて伸ばして収縮しないようにすれば、良い顔が作りやすくなるのです!上唇挙筋がゆるむと顔が軽くなり、口角のリフトアップも格段にしやすくなります。

効果的なやり方でほうれい線を解消し、"よい顔"をつくりましょう!



著者

飯塚均

1959年生まれ。あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、健康運動指導士。下北沢で治療院開業23年、エステ関連の学校・会社で講師歴27年。世の中の健康・美容・ダイエット情報には間違いが多く、少しでも正しい知識を得て効率的に人生を送っていただきたいと思っています。

ホームページ:鍼灸エスク下北沢


イラスト

ude
ツイッター:@truklagooon


編集・構成

斎藤充博
ツイッター:@3216



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美人のタネ
 最旬美容で品のある女性に♪大人の自分磨き特集
このページの先頭へ