東京のエステ・マッサージ・美容室・スパ・ネイル・まつげサロン情報

サロン検索:

  1. レッツビューティ
  1. 指圧・マッサージ
  2. 飲み会続きで弱ってませんか?お腹を自分で指圧してみよう

飲み会続きで弱ってませんか?お腹を自分で指圧してみよう

こんにちは。ふしぎ指圧の斎藤充博です。11月も半ばになりました。そろそろ早めの...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ふしぎ指圧の斎藤充博です。11月も半ばになりました。そろそろ早めの忘年会を始めているところもあるんじゃないでしょうか。

楽しい飲み会ですが、あまりにも毎日続くと、だんだんとお腹の調子も弱ってきてしまいますよね。年末から年始にかけてまだまだ宴会は多いと思います。今日は「お腹」を自分で指圧する方法の紹介です。胃腸の疲れがやわらぎますよ。



お腹の指圧のやりかた

12カ所圧すところを示してみました。
ただし正確な場所にこだわる必要は無いです。お腹全体に「の」の字を描くようにして、ゆっくり圧していってください。3周くらいやるとだんだんと眠くなってきます。



お腹に存在するツボ

ツボというと背中や肩にあると思いがちですが、お腹にもたくさんのツボがあります。そのうちで特に飲み過ぎに使われるツボをご紹介します。

自己指圧しながら「の」の字を書くことになれてきたら、ツボを意識しながらやってみましょう。

「お腹の指圧のやり方」で示した順番の1番目と8番目に相当するツボです。ズバリ圧しているのは「胃」。

意外かも知れませんが、胃にも筋肉が存在しています。固くなっている人は柔らかくなるまで圧すと、かなりスッキリしてきますよ。今回の紹介するツボの中では一番のオススメです。ここを圧しておくだけでもだいぶラクになります。

こちらは「お腹の指圧のやり方」で示した順番の2番目に相当するツボです。酔い覚ましの水分補給をした後に、そっと圧しておきましょう。

こちらは「お腹の指圧のやり方」で示した順番の4番目に相当するツボです。刺激の強いツボなので、ゆっくりと圧しましょう。トイレに行きたくなってくるツボです。



指の使い方

自分のお腹を圧すときは中指と薬指を使います。自分のお腹の硬さがわかるくらいゆっくりと圧すのがコツです。



触るだけでも良い

時間が無いときや面倒くさいときは、なんとなくお腹全体を手のひらで温めるように触るのもいいですね。力は全く使いません。ただ手を乗せているだけ。寝る前にこの体勢になって、そのまま寝ちゃうのもオススメです。



イスに座ったままでもできる

ここまでベッドの上で仰向けになっていましたが、イスに座った状態でもお腹の指圧はできます。背もたれに完全にもたれかかって、身体の力を抜いてください。そうすると腹筋が柔らかくなり、指が入ってゆきます。なお、立った状態だと姿勢保持のために腹筋に力が入って、指は入りません。



身体をケアして冬と宴会を乗り切ろう

宴会が多くなる11~1月は気温がぐんぐん下がり、体調を崩しやすい時期です。通年インフルエンザが流行り始める時期でもありますね。自分の体力もケアしていきたいものです。

......とここまで書いてみたのですが、ぼく自身はフリーランスの指圧師なので、昨年は忘年会のたぐいに一件も呼ばれませんでした!


体力をケアする方法を知っている人間なのに、ケアの必要が無いとはなんたる皮肉......。みなさんは年末年始を楽しんでくださいね!


斎藤充博
ツイッター:@3216


~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

◎自分でいろいろ試してもなかなか改善できない時は、お店でしっかりとケアをしてみませんか?レッツビューティのサロン検索なら自分にあったお店が見つかるかもしれません。

胃腸が気になるときのボディメンテナンスなら、恵比寿の「コスモ治療院」や新宿の「杏林康楽庵」のほか、「リラクゼーション・マッサージ」カテゴリで人気店が多いのは関内エリア上野エリアです。休日や仕事帰りの立ち寄りにおすすめの店舗が充実。指圧、整体、アロマ、リンパなど、目的に合わせたカテゴリ軸の検索もご用意しておりますので、是非ご覧ください!

~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

美人のタネはレッツビューティが運営する"キレイ"の玉手箱

レッツビューティ」は美容・癒し・健康をテーマに"おすすめのサロン"をご紹介するサイトです。予算やお悩み、行きたいエリアやこだわりのポイントなど、多彩な条件から今のあなたにピッタリのサロンが見つかります。

~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美人のタネ
 最旬美容で品のある女性に♪大人の自分磨き特集
このページの先頭へ