東京のエステ・マッサージ・美容室・スパ・ネイル・まつげサロン情報

サロン検索:

  1. レッツビューティ
  1. フィットネス
  2. 「有酸素運動」と「筋トレ」はどっちを先にやるべき?タイプ別診断方法

「有酸素運動」と「筋トレ」はどっちを先にやるべき?タイプ別診断方法

今回は「有酸素運動」と「筋トレ」はどっちを先にやるべき?タイプ別診断方法をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。エステ専門学校で講師をしている、鍼灸師の飯塚です。


美容に必要な運動は以下の3つの要素があります。せっかく運動しても自分に合っていなければ効果は出ません。


1.筋トレ:筋肉量を増やし、代謝量を増やし、肌を引き締めてハリを作ります。
2.有酸素運動:脂肪を減らして体重を減らし、血糖値や血圧も下げます。
3.ストレッチ:筋肉を伸ばして柔らかくし、血行を促進してコリや疲労の解消をします。


上記の効果をふまえ、筋肉と脂肪の量からみたタイプ別に、あなたにふさわしい運動を選びましょう。



がっしりぽっちゃりタイプ

筋肉と脂肪、両方が多いタイプです。このタイプは、とにかく脂肪を減らすためにまず有酸素運動です。通勤通学に取り入れるなど、毎日やっても結構です。短時間ずつでも効果はありますから、積み重ねてください。


体力ナシおデブタイプ

筋肉は少ないけど脂肪は多いタイプです。一番大変なタイプですね。まず筋トレを優先的にしましょう。筋肉をつけた上で有酸素運動をやる二段構えが効果的です。


細いけど"隠れ肥満"タイプ

脂肪と筋肉が両方少ないタイプです。一見細く見えますが、要注意。実は太りやすい体質です。とにかく筋トレを最優先にしましょう。
食事も重要です。タンパク質をよく食べないと筋肉は増えません。このタイプには間違ったダイエットをしている人も多いです。食生活を見直して、偏らないように心がけてください。


スレンダー引き締まりタイプ

脂肪が少なくて筋肉は多いタイプです。いわば理想のタイプですね。特にやるべき事はありません(笑)でもすでに何かやっていますよね? それを続けて維持しましょう。

ただ(女性には少ないですが)筋肉が多すぎるといわゆる"筋肉デブ"になります。筋トレのやりすぎにはご注意を。有酸素運動なら続けてOKです。


また、筋肉が固まって太くなっていることもあります。この場合はストレッチでほぐせば細くなる可能性があります。
さあ、自分に合った運動で、美しく健康的にやせましょう!



著者
飯塚均

1959年生まれ。あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、健康運動指導士。下北沢で治療院開業23年、エステ関連の学校・会社で講師歴27年。世の中の健康・美容・ダイエット情報には間違いが多く、少しでも正しい知識を得て効率的に人生を送っていただきたいと思っています。
ホームページ:鍼灸エスク下北沢

イラスト
ude
ツイッター:@truklagooon

編集
斎藤充博
ツイッター:@3216


~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

◎自分でいろいろ試してもなかなか改善できない時は、お店でしっかりとケアをしてみませんか?レッツビューティのサロン検索なら自分にあったお店が見つかるかもしれません。

運動後のボディメンテナンスをするなら、渋谷の「リラクストア」や「BITORIA」のほか、「リラクゼーション・マッサージ」カテゴリで人気店が多いのは関内エリア上野エリアです。休日や仕事帰りの立ち寄りにおすすめの店舗が充実。指圧、整体、アロマ、リンパなど、目的に合わせたカテゴリ軸の検索もご用意しておりますので、是非ご覧ください!

~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

美人のタネはレッツビューティが運営する"キレイ"の玉手箱

レッツビューティ」は美容・癒し・健康をテーマに"おすすめのサロン"をご紹介するサイトです。予算やお悩み、行きたいエリアやこだわりのポイントなど、多彩な条件から今のあなたにピッタリのサロンが見つかります。

~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美人のタネ
 最旬美容で品のある女性に♪大人の自分磨き特集
このページの先頭へ