東京のエステ・マッサージ・美容室・スパ・ネイル・まつげサロン情報

サロン検索:

  1. レッツビューティ
  1. 東京の冷え性対策 おすすめサロン情報
  2. 「秋バテ」していませんか? 原因と対策を知っておこう

「秋バテ」していませんか? 原因と対策を知っておこう

「夏バテ」ならぬ「秋バテ」という言葉、ご存知ですか。文字通り、秋に疲れがドッと出...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「夏バテ」ならぬ「秋バテ」という言葉、ご存知ですか。文字通り、秋に疲れがドッと出てバテて体調不良に襲われる現象です。なぜ秋なのか?その理由と対策をご紹介しましょう。



夏の疲労やダメージがピークになっている

近年の夏の暑さや紫外線はかなり強いもので、それに加え行事やレジャーの疲労も溜まります。残念ながら年齢と共に落ちてくる回復力は、なかなか追いつきません。



"急に"涼しくなる、寒くなる

秋はたいてい突然来ます。残暑に耐えていた状態から、急に涼しく寒くなってしまいます。それまでの体を冷やすべき生活から、暖めるべき生活に急いで切り替える必要があります。しかし、これがなかなか間に合いません。寒さも体にはダメージを与えます。



気がゆるんで油断する

そもそも「秋にバテる」という認識はあまり広まっていません。涼しくなったことで安心し、対策が遅れます。



自律神経と血行が悪くなる

以上の3点でが主な要因となり、自律神経が変調をきたします。

温度調節がうまくいかず、消化器系など内臓は働きが悪くなり、睡眠や食事など基礎的な生活サイクルも乱れます。(さらに、今年の夏はオリンピック観戦で不規則な生活になった方が多いのでは?)


自律神経の不調に加えて、寒さで体が縮こまって固くなります。体温を保つために、毛細血管は収縮するのですが、これによって血行が悪くなってしまいます。血液が流れにくくなっていることで、回復力や活動力は低下します。



秋バテ対策は「寒さ対策」

では対策を。まずは秋バテを自覚しましょう。そして、とにかく"寒さを感じないようにすること"です。具体的には、以下の5点を試してみて下さい。


1.服装(マフラーやソックスなど身に付けるものも活用する)

2.食事(飲み物も含め、暖かいものや暖めるものをとる)

3.風呂(シャワーだけでなく浴槽でしっかり温まる)

4.エアコン(寒かったら暖房を使う)

5.寝具(厚めの布団をかける)、


これに規則正しい生活リズムと適度な運動が加われば理想ですね!

えー、まだいいじゃん、などと言わず、秋への対策はすぐに始めましょう。そしてこまめな対策が必要です。


快適で楽しい秋から冬の生活を、最高の体調で楽しみましょう!



著者
飯塚均

1959年生まれ。あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、健康運動指導士。下北沢で治療院開業23年、エステ関連の学校・会社で講師歴27年。世の中の健康・美容・ダイエット情報には間違いが多く、少しでも正しい知識を得て効率的に人生を送っていただきたいと思っています。
ホームページ:鍼灸エスク下北沢

イラスト
ude
ツイッター:@truklagooon

編集
斎藤充博
ツイッター:@3216


~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

◎自分でいろいろ試してもなかなか改善できない時は、お店でしっかりとケアをしてみませんか?レッツビューティのサロン検索なら自分にあったお店が見つかるかもしれません。

疲れが気になるなら、池袋の「リールヴィー」や「指ラックス」のほか、「リラクゼーション・マッサージ」カテゴリで人気店が多いのは関内エリア上野エリアです。休日や仕事帰りの立ち寄りにおすすめの店舗が充実。指圧、整体、アロマ、リンパなど、目的に合わせたカテゴリ軸の検索もご用意しておりますので、是非ご覧ください!

~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

美人のタネはレッツビューティが運営する"キレイ"の玉手箱

レッツビューティ」は美容・癒し・健康をテーマに"おすすめのサロン"をご紹介するサイトです。予算やお悩み、行きたいエリアやこだわりのポイントなど、多彩な条件から今のあなたにピッタリのサロンが見つかります。

~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美人のタネ
 最旬美容で品のある女性に♪大人の自分磨き特集
このページの先頭へ