東京のエステ・マッサージ・美容室・スパ・ネイル・まつげサロン情報

サロン検索:

  1. レッツビューティ
  1. フットマッサージ・フットケア
  2. 新入社員のみなさん「脚」が疲れてませんか

新入社員のみなさん「脚」が疲れてませんか

社会人になると悩みは色々でてくると思いますが、疲れも悩みの一つではないでしょうか?今回は脚がパンパンで月に2~3回は転ぶというモデルさんの施術レポート。良い治療院を見つけることも社会でうまくやっていくコツですね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。下北沢ふしぎ指圧の斎藤充博です。

もう今年も9月です。4月から社会人になったみなさんは、そろそろ疲れが我慢できなくなってきているころじゃないでしょうか。

治療院にも新社会人の方はよくいらっしゃいます。話を聞いてみると、みなさん意外にも「脚」が疲れているようです。今日はこの春から新社会人になった方の施術をしてみましょう。



一日に12時間立っている新人さん

来院してくれたのは新卒で4月から販売員として働いているMさん。まだ新人研修の途中ですが、もう既に疲れ切ってしまっているとか。おっと、顔は隠しておきましょうね。新人さんが顔出しして会社へのグチを言うと、メチャクチャ怒られると思うので......。

Mさん「家から職場まで往復3時間あります。遠いんですが、まだ配属が決まっていないから引っ越せません。今OJTをしていて、立ちっぱなしです。9時間くらい立っています」

斎藤「通勤は電車ですよね。通勤と仕事を合わせると12時間立っていることになるんじゃ......」

Mさん「あっ。そうなりますね。恐ろしくて今まで計算してなかった......。時間も長いんですけど、ヒールを履かなくちゃいけないので、本当につらいです」

新社会人の方は慣れない通勤で脚が疲れがち。でも販売員さんは、その中で特別でした。新人さんに限らず、12時間立っていて平気な人なんて、そうそういないですよね。



脚がパンパンで月に2~3回は転ぶ

つらいところを書いてもらいました。脚だけじゃなくて、もう全身がつらそうですが。さっそく施術していきましょう。

斎藤「おお。わかりやすく脚がパンパンですね! 脚がパンパンの教科書にしたいくらいだ......」

Mさん「圧されるの、ものすごく効きますね」

斎藤「言っておきますけど、ぼく全然力入れてないですよ」

Mさん「えっ」

斎藤「それだけ疲労で固くなってるって思った方がいいですね。この脚」

Mさん「そういえば私、月に2~3回は転びます」


そもそも疲れている自覚がある方ですが、自覚以上に疲れてますね。これは施術に来てもらってよかった。



立つときに使われる筋肉は太ももの前と横側

立ち続ける人は、太ももの前側と横側が疲れやすくなります。筋肉の名前で言うと「大腿四頭筋」(だいたいしとうきん)と、「大腿筋膜張筋」(だいたいきんまくちょうきん)にあたります。

今回いらっしゃったMさんも、まさにこの部分が固くなっていました。刺激にたいして敏感になっているようなので、時間をかけてじんわりと圧を入れてゆきます。



自分のストレスは認めた方が良くないですか

斎藤「販売員というお仕事だと、ストレスもたまりそうですよね。そのへんは大丈夫ですか?」

Mさん「精神的には全然つらくないですね。職場は女性だけで、男性がいないのがラクです」

斎藤「へー。それは意外。女性だけの職場って大変って聞くのに」

Mさん「研修はものすごく厳しいです。にミスすると、1時間くらいずっと怒られていることもあります。 でも、お客様のためにがんばらなきゃいけないですよね 」

斎藤「そりゃそうですが。でも1時間かあ」

Mさん 「それから、研修中のテストでいい成績を出さなくちゃいけない、っていうプレッシャーもあります。腕に赤いポツポツができちゃいました」

斎藤「やっぱりストレスたまっているんじゃないですか!」


これは新社会人の方すべてに言いたいんですが、自分のストレスは早めに認めた方が良いですよ。大丈夫。どうせこの世の職場はだいたいつらいし、働いている人もみんな弱い人間だよ!



施術後

下半身を重点的に施術を行いました。さて結果はどうでしょう。

だいぶ立ち姿がスッとなりましたね。


Mさん「すごくラクに立てます! 意識してないのに、正しい姿勢に導かれる感じがしますね」

斎藤「脚はだいぶよくなったので、立つのはラクになれたはず。首と肩はまだまだ改善の余地ありですが......。でも今日はここまでかな」



立ちすぎの人におすすめのセルフケア

最後に、脚が疲れたときのセルフケアをやってみましょう。

脚の横側のストレッチ

1.片方の脚だけ内股気味にする

2.逆の足を膝の外側に引っかける

3.内側に向かって倒してゆく

脚の前側のストレッチ

1.膝を曲げて足首を持つ

2.そのまま後ろ側に引っ張る

アキレス腱のストレッチ

1.一度正座して片足を立てる

2.伸ばす方のアキレス腱の太ももの上に手を置く

3.そのまま前重心になる

座って前屈するストレッチ

1.椅子に座って脚を片方投げ出す

2.逆の脚は邪魔にならないようにリラックスさせておく

3.胸を膝に近づけるようにして上半身を倒す



翌日にメッセージもらいました

脚が楽に上がるようになったのがうれしい!」と言ってくれたMさん。

そして次の日に施術の感想のメールをいただきました。


朝の満員電車で立ちっぱなしでも動じなくなり、苦手だったヒールでの下り階段も軽やかでリズミカルに降りられたので乗り換えが憂鬱でなくなりました。お昼を食べた後はいつも眠たくて必死に研修を受けていたのですが午後も集中力が続いたまま勉強できたので嬉しかったです。

メモを取っても疲れにくく椅子に座ったり立ち上がったりするのも楽なので「よっこいしょ」と言う回数が減りました。今までよりも小さな力で同じ動作ができるようになった気がします。


通勤も研修もだいぶ楽になったみたいですね。お疲れの新入社員の方は、一度近くの治療院で施術を受けてみてはいかがでしょうか。良い治療院を見つけることが、社会でうまくやっていくコツですよ。本当に!



著者

斎藤充博
1982年生まれの指圧師(国家資格)。「下北沢ふしぎ指圧」で施術しています。いついかなる時でもお客さんに来てほしいとノイローゼ気味に思っている。

ツイッター:@3216 
ホームページ:下北沢ふしぎ指圧
書いたものまとめ:斎藤充博ライター活動まとめ



~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

◎自分でいろいろ試してもなかなか改善できない時は、お店でしっかりとケアをしてみませんか?レッツビューティのサロン検索なら自分にあったお店が見つかるかもしれません。

本格ケアを体験するなら、恵比寿の「コスモ治療院」や「Natural Cares(ナチュラル ケアーズ)」のほか、「リラクゼーション・マッサージ」カテゴリで人気店が多いのは関内エリア上野エリアです。休日や仕事帰りの立ち寄りにおすすめの店舗が充実。指圧、整体、アロマ、リンパなど、目的に合わせたカテゴリ軸の検索もご用意しておりますので、是非ご覧ください!

~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

美人のタネはレッツビューティが運営する"キレイ"の玉手箱

レッツビューティ」は美容・癒し・健康をテーマに"おすすめのサロン"をご紹介するサイトです。予算やお悩み、行きたいエリアやこだわりのポイントなど、多彩な条件から今のあなたにピッタリのサロンが見つかります。

~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美人のタネ
 最旬美容で品のある女性に♪大人の自分磨き特集
このページの先頭へ