東京のエステ・マッサージ・美容室・スパ・ネイル・まつげサロン情報

サロン検索:

  1. レッツビューティ
  1. エステ
  2. 痩身
  3. 週8でスイーツを食べる甘党男子3人に聞く! 甘い物を食べても太らないコツってあるの?

週8でスイーツを食べる甘党男子3人に聞く! 甘い物を食べても太らないコツってあるの?

多くの女性にとって、スイーツや和菓子はとても魅力的なものであると同時に、体重管理という面では非常に悩ましい存在であるともいえます。そこで今回はスイーツ好き男子の代表である「甘党男子」のお三方にお話をうかがってみます!甘いものをたっぷり摂取してもスリムなのには何か必ず秘密があるはず。甘いものも食べたいけどスリムでいたい女性(男性も)必見の記事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甘党男子

私たちをどうしようもなく魅了する罪なやつ、スイーツ。不動の人気商品からこれまでの常識を覆すような新たなものまで、この世は実にあらゆるスイーツに溢れているわけですが、そんなスイーツ天国を謳歌する上で切り離せないのが、ずばり体重コントロールではないでしょうか。

そこでお話を聞いたのは、スイーツ好き男子としてスイーツエンターテインメントを発信する「甘党男子」として活躍する、佐藤友咲(さとうゆうさく)さん・神久保翔也(じんくぼしょうや)さん・石塚利彦(いしづかとしひこ)さんの3人。仕事やプライベートを合わせると、多いときには「1週間に8回スイーツを口にする」こともあるそうですが、3人揃ってスラッとした体型ときたものだからなんとも羨ましい限りです。スイーツを食べてもスリムな体型をキープできるのには何か秘密があるのでしょうか?



◆毎日のご飯に○○を取り入れるだけ

甘党男子

(写真左より、石塚利彦さん、佐藤友咲さん、神久保翔也さん)

――皆さん、本当にスラッとしていらっしゃるのでびっくりしました。なにか秘訣があるのでしょうか?

神久保翔也さん(以下、神久保) 「いやー、そんな! 僕はもともと食べると下半身に肉がついたり、フェイスラインにニキビができたりするタイプなので気が抜けないんです。今までグリーンスムージーや1週間スープダイエットなどを試してきましたが、今はスイーツを我慢する代わりにご飯や麺類などの炭水化物を控えたり、移動手段を自転車にしたりしています」

石塚利彦さん(以下、石塚) 「僕も食べたら食べた分だけ身体につく体質。高校1年生くらいのときなんて、身長160センチに対して体重が100キロもあって、ある意味デブ界のエリートでした(※現在の身長は181センチ)。甘党男子のお仕事が始まってから1年で10キロ太ってしまいましたが、今は低インシュリンダイエットを意識したり、普段の食生活に玄米を取り入れたりしてコントロールしています」

佐藤友咲さん(以下、佐藤) 「うんうん、ダイエットをしていてもご飯だけは我慢できない! って人に玄米はおすすめだよね。玄米は食物繊維が豊富だから便通にいい。ただ、いきなり玄米オンリーだと体質によってはトイレから出られなくなるので注意が必要だけど(笑)。僕の考えでは、太っちゃう人っておそらく腸が汚いんだと思う。腸がキレイなら栄養もきちんと吸収できるはずだから、少しの量でも身体は満足できるんじゃないかなと。そういう意味で玄米はすごく効果的だし、食物繊維豊富な青汁や代謝を促す岩盤浴なんかも良いですよ」

――そういえば、最近は外食でも白飯か玄米か選択できる飲食店もありますし、毎日のご飯に玄米を混ぜるだけなら気軽に始められそうで良いですね。そういえば、佐藤さんは以前から「食前スイーツ運動」という独自の理論をお持ちですよね。

佐藤 「はい。普通は食後にスイーツを食べるものですが、僕は"食前に"食べる方が良いと考えています。というのも、満腹状態を10とすると、食前スイーツだと最初にスイーツで3、食事で7といった具合になる。一方、食後スイーツだと食事で10まで食べちゃって、『スイーツは別腹だから』と言ってさらにスイーツで3食べてしまう。これは明らかに食べ過ぎだと思うんです。実は、最近美容家の方々もこの食前スイーツを唱えているみたいで、やっと時代が僕に追いついてきたかと! と(笑)」



◆リッチな和菓子からNY発の新感覚スイーツまで

甘党男子

――仕事でもプライベートでもさまざまなスイーツをご存知だと思いますが、皆さんが最近気になっているスイーツを教えてください。

佐藤 「これは文句なしで『共楽堂』のいちご大福! 食べるときに大福の上に乗っているあまおうをギュッと押し込むのが共楽堂の社長さん流の食べ方なんだそうですが、あまおうとこしあんのバランスが抜群で! ここにいる2人にも食べさせました」

石塚 「あれは本当に美味しかった!」

神久保 「うん、美味しすぎて死にかけた(笑)」

佐藤 「このいちご大福は、2月下旬までの限定なのでぜひ食べてほしいです」

石塚「僕は赤坂にある『デリーモ』のパンケーキがお気に入りですね。これが今まで経験したことないくらいフワフワとした食感で、思い立ったら1人でも食べに行っちゃいます。あと、今春ニューヨークから日本に初出店するという『ドミニク・アンセル・ベーカリー』というお店のフローズンスモアという商品が気になります。どうやら、マシュマロで冷たいチョコとバニラジェラートを包み、周りをバーナーで焦がした新感覚スイーツのようで、2015年ヒットすること間違いなしと言われています」

神久保 「そういえば、この『ドミニク・アンセル・ベーカリー』はほかにもクッキーショットという面白そうなスイーツもあって、僕はこちらの方が気になっています。名前のとおり、ショットグラス型のクッキーにミルクを注いで食べるそうなのですが......。あぁうまく説明できない! 友咲くん、ちょっと絵描いて!(笑)」

クッキーショット

〈佐藤さんが書いてくれたイラスト図解〉



◆色黒より色白、清楚で飽きない女性が好き

甘党男子

――話が変わりますが、好きな女性のタイプをスイーツで例えるとしたら?

佐藤 「絶対に桃ですね。色が女性らしいし、高級感もあるし、傷付きやすい果物だからこそ大事にしたくなるというか。イメージでいうと色黒より色白の女の子かな。あと、何よりあの曲線美がなんともエロいです(笑)」

――桃尻っていうくらいですものね。

石塚 「僕は間違いなくショートケーキですね。派手ではないけど清楚で飽きがこないというか。長く付き合えそう」

神久保 「ショートケーキね、分かるなぁ。一見特徴がないようだけど、いつまでも一緒にいたい感じがするし、イチゴのあの酸味が『大人しそうに見えて実はひとクセある』感じで惹かれるね。僕もショートケーキに1票」

佐藤 「イチゴのショートケーキがよくウエディングケーキに使われるのもそういうことなのかな。まだ誰の色にも染まってませんって感じがするのかも」

――やはり男性にはオレ色に染めたい願望があるんですか。

神久保「もちろん。ショートケーキには伸びしろがある!(笑)」



◆甘党男子は限定モノに弱い?

甘党男子

――差し入れでスイーツをもらうことも多いという皆さんですが、特にどんなスイーツがうれしいですか?

石塚 「限定のスイーツですね。イベント時期なんかはどのスイーツ店もいっせいに限定ものを出しますけど、自分1人で買おうとしてもせいぜい数社分しか食べられないので」

神久保 「ここぞとばかりに色んなところから限定モノが出るもんね。僕は『日本初出店!』とか『有名パティシエ監修!』とか書いてあるのに弱いかも(笑)。ちょっとミーハーみたいですけど」

佐藤 「僕はスイーツの中で一番好きなのがケーキ。もらえるなら生ケーキがうれしいな。これを薄切りにして冷凍庫で凍らせるとそのまま食べるより100倍美味しくなるんです」

石塚 「友咲くん、よくスイーツ凍らせてるよねー」

佐藤 「うん、美味しいからやってみなよ!」

神久保 「『ケンズカフェ』のガトーショコラでやってみたい! あれ、見た目は地味だけどマジでうまいから」

佐藤 「女の子って見た目のかわいさでスイーツを選びがちだと思うんですけど、男の子はバカで単純で分かりやすいから、例えば『日本一』や『老舗』といった美味しさが分かるような情報があれば満足しちゃうもんです。普段スイーツに興味がない彼とスイーツを食べるときの参考にしてみてください」

*****

甘党男子として活動する3人だからこそ、大好きなスイーツと付き合っていくための秘訣をうかがうことができました。毎日のご飯に玄米を混ぜてみたり、移動を自転車に変えてみたり......日々の努力があってこその「毎日スイーツ」なのですね。甘党男子のみなさん、ありがとうございました。



【プロフィール】

佐藤友咲

佐藤友咲(さとうゆうさく)
第3回甘党男子 スイーツ&スマイルコンテストグランプリ
1990年9月9日生まれ。北海道出身。361°の奇跡を起こすエンターテイメント型ストーリーバンド「ミラクル☆歌劇団」ダンス&ボーカル 担当。
ブログ http://profile.ameba.jp/mojamojanomi/
ツイッター https://twitter.com/YUUSAKUSATO 



神久保翔也

神久保翔也(じんくぼ しょうや)
第3回甘党男子スイーツ&スマイルコンテスト準グランプリ
1991年6月25日生まれ。岩手県出身。俳優。出演作は紀伊國屋ホールで行われる舞台「屋根の上の魔女」(3/4~8)など。
ブログ http://ameblo.jp/jinkuboshoya/entry-11977359514.html
ツイッター https://twitter.com/poichan05



石塚利彦

石塚利彦(いしづかとしひこ)
第三回甘党男子コンテスト準グランプリ
1983年6月16日生まれ。神奈川県出身。お笑い芸人。ニュースタッフプロダクション所属「ひよしなかよし」で活動中。
ツイッター https://twitter.com/ishichan616

(取材・文/井上こん、編集協力/プレスラボ)



【「第4回甘党男子スイーツ&スマイルコンテスト」決勝は2/22(日)に開催!】

石塚さんが司会、佐藤さんと神久保さんがゲストで参加される「第4回甘党男子スイーツ&スマイルコンテスト」決勝はいよいよ次の日曜日、2/22です!ぜひご注目を!

http://www.ama-dan.com/event/10235

<開催概要>
ファイナリスト:ナカノタカフミ、橋本祐樹、裕之、長谷部裕也、山下礼、福地正、本田守、西村将、池田慎、川合智己
司会:ひよしなかよし(石塚利彦、ねんねん)
ゲスト:佐藤友咲、神久保翔也、木村友哉、三上義貴、春川真広、室井一馬、ヒキノトオル
日時:2015年2月22日(日) 開場17:30/開演18:00
場所:ヒルトン東京



レッツビューティではエステ・マッサージ・美容室・スパ・ネイル・まつげサロン情報をご紹介しています。

http://www.enjoytokyo.jp/beauty/

痩身でキレイになれるエステサロンはこちらから。
http://www.enjoytokyo.jp/beauty/salon/list/cate-580/

あなたに合ったメニューがきっと見つかります。日々の運動で美容と健康を維持しよう
http://www.enjoytokyo.jp/beauty/fitness/

ライフスタイルに合わせてあなたにぴったりのジムを探すならこちらから。
http://www.enjoytokyo.jp/beauty/salon/list/cate-1099/

有酸素運動で脂肪燃焼! 無理なく踊ってダイエットしよう
http://www.enjoytokyo.jp/beauty/salon/list/cate-616/

キャンペーンやクーポンなどお得情報満載!、
さらに、ネットで予約して来店すればポイント還元!レッツビューティで予約しよ♪
http://www.enjoytokyo.jp/beauty/salon/list/?rsv_date=all

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美人のタネ
 最旬美容で品のある女性に♪大人の自分磨き特集
このページの先頭へ