東京のエステ・マッサージ・美容室・スパ・ネイル・まつげサロン情報

サロン検索:

  1. レッツビューティ
  1. 美容室
  2. メイクアップ
  3. 毎月の化粧品代は1000円未満! 節約上手ライターが教える、プチプラコスメでキレイになる方法

毎月の化粧品代は1000円未満! 節約上手ライターが教える、プチプラコスメでキレイになる方法

節約上手ライターである山本莉会が伝授する毎月の化粧品代1000円未満のメイク術。実行するための5つのルールや、顔のポイントごとのメイク術を語ってもらいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高価なコスメを使えばキレイになれそうな気がする――これってホント? 中にはプチプライスなコスメを上手く使いこなし、キレイをキープしている女子もいるんです。1日の食費を300円程度で賄うこともあるといい、その節約術が雑誌で紹介されたこともある節約上手女子のひとり、山本莉会さん。山本さんが1ヵ月に使う化粧品代は、平均で1000円未満......! 驚愕の節約美容を実行中の山本さんに、「貧乏女子でも大丈夫! プチプライス美容法」を聞きました。


■「プチプラなのに優秀!」なコスメの選び方

山本莉会

山本莉会

1986年・大阪生まれ。編集者。もともと倹約家だが、2011年の転職・上京をきっかけにさらに節約を極めることに。家でバジルやシソを栽培し、1日の食費は300円以下、彼とのデートは図書館などの節約方法が雑誌で取り上げられたことも。節約する一方で、友人の結婚式や年に数回の海外旅行など、「使うときは使う」メリハリも。

以前は広告会社で営業担当として働いていた山本さん。当時は仕事柄、客先への外出が多く、外見にかなり気を遣っていたこともあって、1アイテム3000円程度のコスメを使っていたのだそう。でも......

「当時は忙しくてなかなか早く帰宅できず、メークを長時間落とせないことはザラ。肌荒れが心配だったので、できるだけ高めなコスメを使っていました」

それでも営業のストレスで肌荒れに悩む日々。「コスメの値段と肌荒れはそこまで関係ない。プチプラなものでもきちんと選べば大丈夫!」と、2年半前に転職したタイミングで、リーズナブルなコスメを使うようになりました。

プチプラでもいいコスメはあるとわかっていても、コスメの価格を落とすのってちょっと勇気がいりますよね。プチプラかつ良質なコスメをハズレなく選ぶには何に注意すればいいの?

「まずは口コミを丁寧にチェックすること。ネット上で検索すれば、自分と質の近い人の感想を見つけられるコスメも多いです。そしてサンプルなどを利用できないか確認し、1度は自分で使ってみることが大事。初回購入時は失敗を覚悟して買ってみる思いきりの良さも必要かと」

山本さんが現在使っているプチプラコスメは、継続利用しているものばかり。自分のお肌に合うよいコスメを見つけたら浮気せず、同じものを使い続けるのがポイントです。そうすれば、自分の肌に合わないコスメを使って肌が荒れたり、皮膚科のお世話になったりすることもありません。


■お肌も傷まない!? 「5段階ルール」のススメ

自身が定めた「5段階ルール」によって、毎日のメークを変えていると話す山本さん。それってどんなルール......?

5段階ルール
レベル1:家にひとりでいる日。完全ノーメーク

レベル2:会社で内勤のみ、かつ来客がない日。「メークをしている」感を出すため、ベースメーク、コンシーラー、チーク、アイシャドウの必要最低限のメーク

お肌も傷まない!? 「5段階ルール」のススメ

レベル3:会社で内勤のみ、かつ来客がある日。レベル2のメークに加えて、ジェルタイプのアイラインを引いてキリッと見せる

レベル4:取引先を訪問する日。レベル3のメークに加えて、ビューラーとマスカラでまつ毛メークもきちんと

レベル5:結婚式などフォーマルな場に出向く日。レベル4のメークに加えて、マスカラもしっかり塗って、目ヂカラを強調

レベル5:結婚式などフォーマルな場に出向く日。レベル4のメークに加えて、マスカラもしっかり塗って、目ヂカラを強調

この基準でメークすると、最小限のメークで済むため、コスメの減り方もゆっくりになるだけではなく、お肌にもやさしいかも」と山本さん。


■プチプラを賢く使う、簡単ポイントメークテク

プチプラコスメをフル活用する山本さんに、キレイに見せるメークテクを教えてもらいました。工程ごとにチェックしてみましょう。

■プチプラを賢く使う、簡単ポイントメークテク

1. ベース
「日本で買うと2000円くらいするCCクリームを、韓国旅行に行った友達に1000円程度のおトクな価格で買ってきてもらいました。頬やフェイスラインから塗り始めて、手についた残りをTゾーンに塗ると少量で済みますよ。CCクリームは、大体7~8か月で1本使うペース。最後に800円程度で買ったフェイスパウダーをぽんぽんと載せればおしまいです」

2. 眉
眉のメイクの仕方
「しっかり自眉を生やしているので、足りないところをアイブロウペンシルでサッと埋める程度です。ペンシルはなかなか減らなくて、実は高校生の頃から同じものを使っています......。黒髪なので眉マスカラなども使っていません。自眉はカットしすぎず、お手入れは週1回程度。自眉を長めに残しておくと、うっかり描き忘れたときでも誤魔化せるメリットがありますよ(笑)」

3. 頬
「プチプラで有名なブランドのものです。チーク専用ブラシは買わずに、付属の薄いブラシからぽんぽんと頬にのせ、手で丸く伸ばします」

4. 唇
「唇が弱く皮が剥けやすいため、製薬会社が作っている唇にやさしそうなグロスを『レベル4』以上の日のみ使っています。普段はリップクリーム」

5. 目
「私の場合、目頭付近はラインを引いても隠れてしまうので、あえて引きません。ただ、タレ目に見せたいため、目尻は下げる形で心持ち長めに引くのと、下まぶたの先を埋めるのがポイントです」

6. まつ毛
「『レベル4』以上のきちんとメークする日は、下まつ毛にもマスカラをたっぷり塗って、目を縦に大きく見せるよう意識しています。ビューラーは3~4年前に購入したものですが、長持ちさせるために毎回ティッシュで拭いてお手入れをしています」


■こちらもプチプラでOK! スキンケア&ヘアケアの裏ワザ

プチプラコスメだけではなく、スキンケアやヘアケアでも節約を意識する山本さん。お肌も髪もあまりお金をかけずに美しくケアする秘訣は?

■こちらもプチプラでOK! スキンケア&ヘアケアの裏ワザ

1. スキンケア
「保湿クリームから作られた化粧水だけを使っていて、乳液や美容液などは使いません。いろいろなものを重ねると、逆にニキビができてしまう肌質なので、できるだけシンプルなケアを心がけています。化粧水がかなり濃厚なタイプなので、これだけでお肌が潤う感覚があります」

一方、お肌の調子があまり良くないときにはパックを使うなど、メリハリを意識したケアを行っています。

2. ヘアケア
「なるべく髪の毛を傷めたくないので、まずは根元をドライヤーの『強』でサッと乾かした後、1段階風量を下げて、左右の髪を丸めながら乾かすと、毛先に自然なカールを作れますよ」

原宿などでカットモデルをお願いされることも多いという山本さん。もちろん美容院代節約のために利用! しばらくカットモデルの声がかからないときは、地元・大阪に帰った際に行きつけの美容院を訪れます。行きつけの美容院はカット代が安いことがお気に入りだそう。

「美容院では美容師さんとずっと話しています。ヘアケアに関する情報を手に入れて、家でのケアに活かしたい人は、美容師さんとよい関係性を築くのが良いと思います」

自宅でスペシャルケアをしたい大事な日の前は、美容院でもらった上質な洗い流さないトリートメントを使うそう。2週間に1回程度、100円玉大くらいの量で済ませます。

■こちらもプチプラでOK! スキンケア&ヘアケアの裏ワザ

この他にも、いただきもののヘッドスパは「現実逃避したいときに使います」と山本さん。日頃から「頭皮スパやヘアケアグッズが好き」と言っているためか、ヘアケア関連グッズをプレゼントされることが多いのだそう。もらった順にすべて大切に使い切っているため、自分で買うことはないのだとか。


■節約にメリハリを 使うときは使う!

山本さんが節約を心掛ける理由のひとつは、大好きな海外旅行のための貯金。日本では極力ムダなお金は使いませんが、海外では連日エステ通いをするなど大フンパツ!

「日本にいるときはマッサージにも行きません(笑)。肩がこったときには彼にマッサージしてもらい、私も彼にしてあげるとコミュニケーションもできるし、マッサージ代も0円ですよ」

ヘアカラーネイルもせず、黒髪や地爪を大切にしている山本さんはナチュラルに暮らすことで、自然と節約ビューティ生活を実践していました。乳液や美容液が必要ないというのは持って生まれた肌質のおかげかもしれませんが、ポーチやメークアイテムの物持ちの良さ、コスメの無駄買いをしないことなど、参考になる部分がたくさんありました。お金をかけなくても美人は作れる......! はず。賢い節約美容、今日から始めましょう!

(取材・文/池田園子)

レッツビューティではエステ・マッサージ・美容室・スパ・ネイル・まつげサロン情報をご紹介しています。


http://www.enjoytokyo.jp/beauty/

アートメイクでキレイになれるサロンはこちらから。
http://www.enjoytokyo.jp/beauty/salon/list/cate-577/

お肌をしっかりケアしてくれるフェイシャルエステはこちらから。
http://www.enjoytokyo.jp/beauty/salon/list/cate-569/

疲れをバッチリ癒してくれるリンパマッサージのサロンはこちらから。
http://www.enjoytokyo.jp/beauty/salon/list/cate-581/

キャンペーンやクーポンなどお得情報満載!、
さらに、ネットで予約して来店すればポイント還元!レッツビューティで予約しよ♪
http://www.enjoytokyo.jp/beauty/salon/list/?rsvsp=1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美人のタネ
 最旬美容で品のある女性に♪大人の自分磨き特集
このページの先頭へ