光明寺(鎌倉市)

コウミョウジ カマクラシ

鎌倉
0467-22-0603

浄土宗の大本山。鎌倉でもっとも海に近いお寺で境内は開放的な雰囲気です。裏山からの眺望は、海岸と鎌倉の町並みをみることができ遥かには富士山が望めます。

この寺は、天照山(てんしょうざん)蓮華院(れんげいん)光明寺(こうみょうじ)といい、浄土宗の大本山です。創立は、鎌倉時代の寛元元年(1243)と伝えられ、御開山は浄土宗の第三祖然阿良忠上人です。良忠上人は、浄土宗に関する多くの書物をのこし、弘安10年(1287)7月6日、89歳の高齢をもって入寂。その後、生前の功績が認められ伏見天皇より《記主禅師》の謚号(しごう)を賜る。

この寺の開基は、鎌倉幕府第四代の執権、北条経時公です。その後も第五代の執権北条時頼公をはじめ歴代執権の帰依をうけ、七堂伽藍を整え、関東における総本山として、念仏道場の中心となりました。江戸時代になると、徳川家康公は当山を関東十八檀林の筆頭におき、学問と修業の道場となり、全国から多くの僧侶が集まりました。当山はまた皇室との関係も深く、後(ご)花園(はなぞの)天皇からは山門にある『天照山』の掲額を、後(ご)土御門(つちみかど)

この寺は、天照山(てんしょうざん)蓮華院(れんげいん)光明寺(こうみょうじ)といい、浄土宗の大本山です。創立は、鎌倉時代の寛元元年(1243)と伝えられ、御開山は浄土宗の第三祖然阿良忠上人です。良忠上人は、浄土宗に関する多くの書物をのこし、弘安10年(1287)7月6日、89歳の高齢をもって入寂。その後、生前の功績が認められ伏見天皇より《記主禅師》の謚号(しごう)を賜る。

この寺の開基は、鎌倉幕府第四代の執権、北条経時公です。その後も第五代の執権北条時頼公をはじめ歴代執権の帰依をうけ、七堂伽藍を整え、関東における総本山として、念仏道場の中心となりました。江戸時代になると、徳川家康公は当山を関東十八檀林の筆頭におき、学問と修業の道場となり、全国から多くの僧侶が集まりました。当山はまた皇室との関係も深く、後(ご)花園(はなぞの)天皇からは山門にある『天照山』の掲額を、後(ご)土御門(つちみかど)天皇からは、関東における念仏修行根本道場として『関東総本山』の称号を受け、国と国民の平安を祈る『勅願所』となりました。

また、明応4年(1495)当山第九世観誉祐崇上人の時、後土御門天皇の勅許をうけ、引声(いんぜい)阿弥陀経(あみだきょう)と引声念仏による十夜法要を勤めるようになり、今も古式によって毎年10月12日より15日までの4日間盛大に法要を勤めています。

<初詣>
【混雑時間】
1月1日は0時~2時

【例年の参拝者数】
1,000人

<ご利益>
(合格祈願・学業成就、健康祈願・病気平癒、商売繁盛・千客万来、金運上昇・財運上昇、出世成功・昇格昇進、家内安全・交通安全、恋愛成就・縁結び、安産祈願・子宝・子授け、開運招福・諸願成就)

光明寺(鎌倉市)の基本情報

スポット名 光明寺(鎌倉市)
住所

〒248-0013   神奈川県 鎌倉市 材木座6-17-19

point地図を見る

最寄駅
TEL

0467-22-0603

定休日 なし
営業時間 9:00~16:00(十夜法要中は、21:00まで)
オフィシャルサイト

浄土宗大本山 光明寺公式サイト

レッツエンジョイ東京の特集 花の名所カレンダー
備考 光明寺(鎌倉市)周辺のグルメ・レストラン情報

このスポットの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからスポット・施設を探す

アミューズメント&レジャーのカテゴリから探す

アミューズメント&レジャーのスポット・施設をエリアから探す

その他のスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる