天恩山 五百羅漢寺

テンノンザン ゴヒャクラカンジ

不動前
03-3792-6751

江戸時代から人々に親しまれた五百羅漢寺。五百羅漢像は、江戸を代表する木彫像として、東京都重要文化財に指定されている。

元禄8年に江戸の本所五つ目(現:江東区大島)に創建された名刹。徳川五代将軍・綱吉や、八代将軍・吉宗の援助を得て繁栄を誇り「本所のらかんさん」として江戸の人々に親しまれました。松雲元慶の手によって彫り上げられた五百羅漢像は、江戸時代を代表する木彫像として、東京都重要文化財に指定されている。松雲は五百羅漢彫刻の願をたて、江戸で市中を勧進托鉢して歩き、十数年の歳月をかけ、生涯で700体以上の羅漢像・仏像を彫刻しました。元禄8年に、その功績が認められ、寺が創設されました。羅漢像はヒノキの寄木造。無駄のない極めて合理的な技法となっており、衣のすその流れるような曲線の写実性と全体のフォルムの完成度は非常に高い。明治・大正期に活躍した彫刻家・高村光雲が、修行時代に羅漢寺に通い、松雲の彫刻を手本にしたことや、東京美術学校(現:東京藝術大学)の教授時代、学生たちに松雲の作品を参考にするよう指導したことは、有

元禄8年に江戸の本所五つ目(現:江東区大島)に創建された名刹。徳川五代将軍・綱吉や、八代将軍・吉宗の援助を得て繁栄を誇り「本所のらかんさん」として江戸の人々に親しまれました。松雲元慶の手によって彫り上げられた五百羅漢像は、江戸時代を代表する木彫像として、東京都重要文化財に指定されている。松雲は五百羅漢彫刻の願をたて、江戸で市中を勧進托鉢して歩き、十数年の歳月をかけ、生涯で700体以上の羅漢像・仏像を彫刻しました。元禄8年に、その功績が認められ、寺が創設されました。羅漢像はヒノキの寄木造。無駄のない極めて合理的な技法となっており、衣のすその流れるような曲線の写実性と全体のフォルムの完成度は非常に高い。明治・大正期に活躍した彫刻家・高村光雲が、修行時代に羅漢寺に通い、松雲の彫刻を手本にしたことや、東京美術学校(現:東京藝術大学)の教授時代、学生たちに松雲の作品を参考にするよう指導したことは、有名な事実です。700体以上あった羅漢像・仏像は、江戸の洪水や地震、廃仏毀釈などにより失われ、現在は305体を安置しています。廃仏毀釈により明治41年に目黒に移転し、昭和56年に再建されました。

<初詣>
【混雑時間】
1月1日は0時~1時
1月2~7日は10時~15時

【例年の参拝者数】
不明

<ご利益>
金運上昇・財運上昇、恋愛成就・縁結び、開運招福・諸願成就、合格祈願・学業成就-健康祈願・病気平癒、商売繁盛・千客万来、出世成功・昇格昇進、家内安全・交通安全、安産祈願・子宝・子授け、厄除け・厄払い

天恩山 五百羅漢寺の基本情報

スポット名 天恩山 五百羅漢寺
住所

〒153-0064   東京都 目黒区 下目黒3丁目20番11号

point地図を見る

最寄駅
TEL

03-3792-6751

備考 天恩山 五百羅漢寺周辺のグルメ・レストラン情報

このスポットの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからスポット・施設を探す

アミューズメント&レジャーのカテゴリから探す

アミューズメント&レジャーのスポット・施設をエリアから探す

その他のスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる