豊川稲荷東京別院

トヨカワイナリトウキョウベツイン

赤坂見附/永田町
03-3408-3414

豊川稲荷東京別院は、愛知県にある豊川稲荷直轄の別院で、商売繁盛・芸道精進などにご利益のある、曹洞宗の寺院です。

豐川稲荷は正式名を「豐川閣妙嚴寺」と称し、山号を圓福山とする曹洞宗の寺院です。当寺でお祀りしております豊川枳尼眞天(とよかわだきにしんてんと)は、昔、順徳天皇第三皇太子である寒巖禅師が感得された、霊験あらたかな仏法守護の善神です。豊川?枳尼眞天が稲穂を荷い、白い狐に跨っておられることから、いつしか「豐川稲荷」が通称として広まり、現在に至っております。当別院は江戸時代、大岡越前守忠相公が日常信仰されていた豊川稲荷のご分霊をお祀りしています。明治20年に赤坂一ツ木の大岡邸から現在地に移転遷座し、愛知県豊川閣の直轄別院となりました。豊川稲荷を信仰した方としては、古くは今川義元、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などの武将達から信仰を集めさらに江戸時代には庶民の間で商売繁盛、家内安全、福徳開運の神として全国に信仰が広まりました。

<初詣>
【混雑時間】
1月1日は0時~2時、10時~15時
1月2日、3日は10

豐川稲荷は正式名を「豐川閣妙嚴寺」と称し、山号を圓福山とする曹洞宗の寺院です。当寺でお祀りしております豊川枳尼眞天(とよかわだきにしんてんと)は、昔、順徳天皇第三皇太子である寒巖禅師が感得された、霊験あらたかな仏法守護の善神です。豊川?枳尼眞天が稲穂を荷い、白い狐に跨っておられることから、いつしか「豐川稲荷」が通称として広まり、現在に至っております。当別院は江戸時代、大岡越前守忠相公が日常信仰されていた豊川稲荷のご分霊をお祀りしています。明治20年に赤坂一ツ木の大岡邸から現在地に移転遷座し、愛知県豊川閣の直轄別院となりました。豊川稲荷を信仰した方としては、古くは今川義元、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などの武将達から信仰を集めさらに江戸時代には庶民の間で商売繁盛、家内安全、福徳開運の神として全国に信仰が広まりました。

<初詣>
【混雑時間】
1月1日は0時~2時、10時~15時
1月2日、3日は10時~15時

【例年の参拝者数】
5万人

<ご利益>
商売繁盛・千客万来、出世成功・昇格昇進、金運上昇・財運上昇、合格祈願・学業成就、健康祈願・病気平癒、家内安全・交通安全、恋愛成就・縁結び、安産祈願・子宝・子授け、厄除け・厄払い、開運招福・諸願成就

豊川稲荷東京別院の基本情報

スポット名 豊川稲荷東京別院
住所

〒107-0051   東京都 港区 元赤坂1-4-7

point地図を見る

最寄駅

赤坂見附 /永田町

map路線&徒歩ルート検索

TEL

03-3408-3414

オフィシャルサイト

豊川稲荷東京別院

備考 豊川稲荷東京別院周辺のグルメ・レストラン情報

このスポットの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

もっと口コミを見る>>

同じカテゴリまたはエリアからスポット・施設を探す

アミューズメント&レジャーのカテゴリから探す

アミューズメント&レジャーのスポット・施設をエリアから探す

その他のスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる